葉酸

MENU

葉酸とは?

 

葉酸

 

葉酸とは一体どんな栄養素なのでしょうか?妊娠中の女性だけではなく、日ごろから取り入れる必要のある大切な成分です。

 

 

葉酸ってどんな栄養素?

 

葉酸はビタミンB群の一種で、水溶性の性質を持っています。体内に入ると、私たちのDNAや核酸の細胞分裂に働きかけます。そして血液を作り、動脈硬化を軽減する効果のある大切な栄養素です。

 

こんな重要な働きをする葉酸は、もちろん妊娠を考えている時、そして妊娠中には積極的に取り入れたい成分のひとつ。

 

成人男女の理想的な摂取量は、1日240μg。妊娠初期は、赤ちゃんの健やかな成長に欠かせない成分となるために、200μg多く取ることが推奨されています。先天性疾患である「神経管閉鎖障害」のリスクを小さくします。

 

葉酸をたくさん含む食べ物は、枝豆、モロヘイヤ、ブロッコリー、芽キャベツ、ほうれん草などなど多くの野菜に含まれています。ただ、葉酸は水と熱に弱いために、お料理する過程で、半分ほどに減ってしまいます。

 

もうひとつ葉酸を取る上で知っておいた方がいいことがあります。葉酸を多く含む食べ物の中で、妊娠中にはたくさん取らない方がいい食品があります。

 

その代表格がレバーです。新しい命を育てている大切な時期です。賢く情報を集めて、母となっていきましょう。